TOPICS (ニューズ・レター)

全国犯罪被害者の会■マーク Vol.39  会員の声  (2010.12.10)
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.38  公訴時効をめぐる被害者の置かれた実状  (2010.6.1)
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.36  会員の声   ボランティアの声 (2009.11.16)
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.35 被害者参加弁護士を経験して (2009.6.1)
-時効制度の見直し
-会員の声
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.34 裁判劇の次 被害者参加制度の適切な運用を期待して -- ある裁判官の発言より (2009.2.16)
-全国初の被害者参加制度を利用した裁判 傍聴記
-会員の声
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.33 12月1日からいよいよスタート  (2008.11.11)
-損害賠償命令制度
-国選被害者参加弁護士制度
-被害者側の弁護士に期待すること
-会員の声   ボランティアの声
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.32 会員の声 (2008.7.30)
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.31 少年法の改正 (2008.4.4) 
-スウェーデンの被害者参加制度について
-会員の声
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.30 被害者参加制度における弁護士の役割 (2007.11.1)
-「民間団体への援助に関する検討会」報告
-「支援のための連携に関する検討会」報告
-会員の声
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.28 犯罪被害者等基本計画の進め方を考える (2006.12.20)
-国家賠償裁判判決
-会員の声
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.27 弁護人の裁判欠席 (2006.8.10)
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.25 大臣就任にあたっての杉浦法務大臣訓示 (2005.12.12)
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.24 冤罪事件と死刑執行停止を考える 幹事 林 良平 (2005.10.31)
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.23 まとまった犯罪被害者等基本計画案(骨子) 弁護士 白井 孝一 (2005.8.31)
-被害者の権利を主張しましょう 弁護士 高橋 正人
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.22 5周年記念大会後の動き 幹事 関口 雄志郎 (2005.6.25)
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.20 ヨーロッパ調査を終えて 弁護士 守屋 典子 (2004.12.20)
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.19 少年事件の情報開示について 会員 土師 守 (2004.10.5)
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.18 日本司法支援センターによる犯罪被害者支援について『総合法律支援法案より』 弁護士 白井 孝一 (2004.5.25)
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.17 犯罪被害者支援の日から犯罪被害者の日へ 幹事 假谷 実 (2004.2.25)
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.16 被害者の裁判参加 ネーベンクラーゲ を傍聴して 産経新聞記者 長戸 雅子  (2003.11.25)
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.15 オウム裁判を通じて 幹事 假谷 実 (2003.8.20)
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.14 国家賠償訴訟の一審判決を終えて 桶川ストーカー事件遺族  猪野 憲一 (2003.5.1)
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.12 ヨーロッパ調査団の必要性について 幹事 本村 洋 (2002.10.15)
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.9  ロゴマークについて 幹事 林 良平 (2001.10.15)
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.8  精神障害者による犯罪の予防のために必要なこと 
-東京医科歯科大学教授 山上 皓(全国犯罪被害者支援ネットワーク・会長)
 (2001.8.27)
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.7  犯罪被害者にこそ弁護士は必要だ! 幹事 松村 恒夫  (2001.6.25)
全国犯罪被害者の会■マーク Vol.6  犯罪被害者等給付金支給法の改正を中心とする警察の被害者対策の現状
-警察庁犯罪被害者対策室長 安田 貴彦
 (2001.4.25)


「TOPICS」トップへ 「全国犯罪被害者の会」上↑アイコン  閉じる